みのり幼稚園・ロゴ
こころも からだも みのりおおく
こころも からだも みのりおおく
教育理念 教育の特徴 幼稚園の沿革 幼稚園の概要 アクセス
ホームみのり幼稚園 > 幼稚園の沿革

創立60余年。
親が子どもと向き合い、見守り、時には悩み、
我が子の成長に感動する。
みのり幼稚園は「親子共育ち」が伝統です。

みのり幼稚園は昭和25年6月18日、初代園長三船しげのにより
「両足で大地をふまえて、人類の幸福のために天に咆哮するような大偉人が育ってほしい。 肩書きなんかどうでもいい。 真に人間全体の平和と幸福のために頑張ってくれるような偉人が育ってほしい」という 幼児教育への熱い思いをこめて、この地に産声をあげました。

みのり幼稚園の沿革

第三代園長 濱田 実第三代園長 濱田 実
  • 1950年(昭25)

    創立。園児23名の開園(東京都公認)

  • 1957年(昭30)

    みのり幼稚園父母会発足

  • 1957年(昭32)

    学校法人設立認可
    初代理事長に三船しげの園長が就任
    同窓会(みのり会)設立

  • 1961年(昭36)

    新園舎竣工。現在地へ移転

  • 1967年(昭42)

    三船園長、教育功労者として東京都より表彰される

  • 1982年(昭57)

    第2代園長に濱田恭子主任が就任
    園舎改修工事

  • 1988年(昭63)

    三船しげの理事長、勲五等を叙し、瑞宝章を受章
    第2代理事長に三船正喜が就任

  • 1990年(平2)

    第9回朝日全国幼児作品コンクールにおいて団体賞を初受賞

  • 1995年(平7)

    第3代理事長に濱田敏郎が就任

  • 1999年(平11)

    創立50周年式典・祝賀会開催

  • 2000年(平12)

    保護者のための「みのり文庫」を開設

  • 2004年(平16)

    ひまわり教室(2歳児)をみのり教育研究所に設立
    みのり小学部設立

  • 2007年(平19)

    第4代理事長に濱田実が就任

  • 2008年(平20)

    7月1日東京都の「認定こども園」にみのり幼稚園、みのり教育研究所認定される

  • 2010年(平22)

    園舎の耐震補強工事完成
    創立60周年記念式典開催

  • 2011年(平23)

    第3代園長に濱田実が就任

  • 2015年(平27)

    練馬こども園に認定される

同窓会イメージ
同窓会「みのり会」について
人はたしかに人によって作り得るものではなく、天ーーつまり神の子であるとさえいえます。しかし、いかに神の子であっても、生まれたてから歩けるはずがなく、機械でもありません。男女一組の人間を通じて血肉を与え、さらに長い時間をかけて心を与えなければなりません。しかも、大勢の人が共同で生活する社会では、自分一人が生きるのではなく、みんなと一緒に生きる。いいかえれば相手の人、周りの人の気持ちが解り、相互に助け合う必要があります。このことはぜひ、おかあさん方にも知って貰いたいと思いました。
そこで生まれたのが父母会であり、それだけではなおあき足らず、卒業生の親子も加えて発足した同窓会が「みのり会」です。
三船しげの先生自叙伝「夕やけ」より
レガシー
みのり幼稚園は昭和25年6月、初代園長三船しげの先生により創立。 敷地面積57坪、木造平屋建ての園舎、教職員は6名、園児23名でスタートした。
園章
園章の由来
幼稚園は「苗」育てる苗床です。根っこをしっかり育て、強い風が吹く嵐にも倒れない幹が育ち、葉も生い茂り、見事な実がなります。そして「実るほどに頭をたれる稲穂かな」、人格者ほど謙虚で、感謝心を忘れない立派な人に育ってほしい、そんな願いを込めた園章です。
父母会活動
父母会活動
みのり幼稚園では、伝統的に父母会活動を重視しています。父母会活動では、多くのお母さま方との出会いがあり、親同士が支え合い、学び合える場であると考えています。また、親が共に園行事に参加することは、ひいては「親子共育ち」にも繋がります。
活動報告
幼稚園が行った行事や
活動の成果報告です
INFORMATION
説明会や見学会など
入園関連のお知らせです
facebook
逐次、園の活動を
報告していきます

ページの先頭へ戻る